--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013
03
14

それが問題だ。

IMG_0500_convert_20130313165851.jpg

渓流沿いの登山道を歩くと、当然ですがよく橋が架かっています。












IMG_0525_convert_20130313165923.jpg


IMG_0534_convert_20130313165945.jpg

こんな感じの老朽化した小さい橋もあれば、












IMG_0781_convert_20130313170307.jpg

一応足場は組んでありますが、ただ板を渡しただけ、というのもよくあります。












IMG_0837_convert_20130313170333.jpg


IMG_0840_convert_20130313170357.jpg

ボブは、足元の板に大きな隙間がない限り、いつも平気で渡ります。














IMG_0687_convert_20130313170016.jpg

この日は登山道に人気がなかったので、リードを引きずらせて歩かせていたのですが、
ボブは時々脇道にそれて入って行きます。











IMG_0693_convert_20130313170045.jpg

私は登山道に残ったまま、ボブの後姿を撮っていたのですが、ふと姿が見えなくなり、












IMG_0703_convert_20130313170110.jpg

見に行くと、勝手に丸太橋を渡っていました。











IMG_0704_convert_20130313170132.jpg

ボブ、どこへ行くの?












IMG_0710_convert_20130313173650.jpg

進むべきか、












IMG_0714_convert_20130313173628.jpg

退くべきか…












IMG_0718_convert_20130313170217.jpg

悩んでる?それともまさかと思うけど、動けなくなってる?












IMG_0724_convert_20130313170242.jpg

言っとくけど、『飛び降りる』っていう選択肢はないからね。

















IMG_0715_convert_20130313170154.jpg

しばらく固まっていましたが、諦めて助けに行こうとすると方向転換して戻ってきました。












IMG_0720_convert_20130313173716.jpg

犬って後ろ向きに進む(バックする)ってことはできないのでしょうか?















IMG_0841_convert_20130313170415.jpg



     ちょっと頑張ってみようと思います。よろしくお願いいたします。
                   にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
 




Comment

[1682]

BOB、丸太の上で…絶対悩んでましたよね(笑)
『こ、これはどうするべきか!?』とwww
実家の猫は後ろ歩きするんですが、BUHIたちは『バックして戻る』ってあるんですかね~。確かに疑問です。
方向転換できればする、出来なかったら…誰か!!!!!助けて!って顔するのかも(笑)

[1683]

やだー!!丸太橋の上のボブくん・・・写真なのに血の気が引くような感じになってしまいました(>_<)いつも、はなだったらってドキドキです。BOBの相棒さんの落ち着いた行動を見習わなければ!!

[1684]

この時期の「飛び降りる」は危険ですね~!

関西とは言え・・雪解け水は冷た過ぎます。

東北だと、未だ凍ってる川も有りますが、田植え位までは「飛び込み厳禁です」

[1685]

立ち止まっているあいだ、BOBの脳はさかんに活動してたでしょうね〜
信じて待った相棒さんに拍手パチパチパチ。
犬の自主性の芽をつまずに育てるって、そういうことなのね。
あ、犬って教えればバックするけど、方向転換したほうが早くて安全だと思います。
BOB君はちゃんと正解の行動をとったんですよ。

[1686]

よかった!飛び込んじゃうのかとドキドキしちゃった(^_^;)

バック・・・できますよ!教えれば!
コタロウは、バックで八の字練習中です(笑)
・・・って、相棒さんのささやきは、そのバックじゃないですよね・・・。
でも、コタロウは狭いところなどはたまにバックで抜けることがあるのでできるんじゃなかなぁ・・・と思うんですけど、
どうでしょう?

[1690]

こんにちは♪

うちはバックしますよ☆
教えたわけじゃないのですが去年両脚靭帯切れて手術したんですけど、フローロング部分は歩きにくいらしく進んでくるんですけどバックして戻ってます(~o~)
あ、今リビングなどはカーペット敷いてます~

[1691]

丸太で固まるBOBくん、かわいい~(^^)
高さも結構ある?のに、丸太2本ですか?!
想像するだけでゾッとする~!!(笑)

タルトは隙間に入っていって、前から抜けられない時は、
バックして出てくるけど・・・
できれば方向転換したいんだと思います~。

ボブくん、足滑らせたりしなくてよかった~(^^)/
写真で見てるだけなのに、ヒヤヒヤします!

[1692]

おぉぉぉ!ゴンが絶対に渡らない橋だ!(>_<)
板を組んだだけ・・・とか、丸木橋なんて・・・。(笑)
ボブ君、飛び降りなくてよかったぁ~。こっちがドキドキですよ。
あの立ち止まっている時、ボブ君の頭の中では何が起こっていたのでしょうね。(^o^)

[1693]

BOBくん、どんどん進んじゃうなんて勇気ありますね。
普通、ワンコって橋は苦手な子が多いんじゃないかな。
でも、飛び降りるっていう勇気はなしね(笑)

[1694]

飛び込むのかーーー?
って期待・・・ではなく、心配しちゃいましたw

しかし待てる相棒さんはすごいですね。俺無理。

そういえば、、、来月帰省出来なくなってしまいました(T_T)
5月か、秋ですね、帰省は。。。

[1695] かなり。

チランチャ姉貴さん、明らかに悩んでいました(笑)。発見した時にはすでに
3分の1ぐらい進んでいて、そのあと半分ぐらいまで行ったのですが、そこで
なぜか悩み始めて…。自分で勝手に行ったのに、何を悩んでいたのか。

[1696] はなちゃんは良い仔だから

あーちゃんさん、いつもご心配をおかけしてすみません。腕白ボブと放任主義の
相棒です(笑)。命の危険(100mの断崖絶壁とか、交通量の多い幹線道路とか)
がある場所ではしっかりリードを握りしめていますが、それ以外の場合はボブの
危険回避能力を信じています。いや、信じたい…。

[1697] この日は暖かかったので

文太パパさん、福島はまだまだ寒い日々が続いていますよね。この日の当地の
気温は18℃。風は強かったのですが水没してもすぐに凍死するような温度では
ないと思ってお気楽に眺めていました(笑)。よく考えると川の水(しかも山で)
って冷たいんですよね。飛び降りなくて良かった。

[1698] 男の子は冒険しなくちゃ

ユキさん、息子(人間)が小さかった頃もよく池のふちに近づいて覗き込んだりして
そばに居合わせた人に『危ない!(親は何をしているの!)』と言われていましたが、
万が一落ちたら、飛び込んで助ける自信があったので好きにさせていました。
命の危険がなければ、多少の冒険は必要だと思っています。

[1699] さすがコタロウ!

ちびっこファミリーさん、バックできるような気がするのですが、実際にボブが
バックするところを見たことがないので、もしかしてできない?って思いました。
今後同じような状況に陥る可能性は大なので、練習してみようかな。

[1700] バック

イーサーの訓練に一緒にレーサーも連れて行ってます
なかなか一緒には過ごせないんだけど
でも楽しんでいます
そうそう 我家の子たち
みんなバックできるんですよ

[1701] 私もフローリングあきらめました

kaoさん、フローリングはやっぱり滑るみたいですね。我が家も全室フローリング
だったのですが、トレーナーさんに指摘されてリビングはカーペットを敷きました(泣)。

両足靭帯切断って…大変なことがあったのですね。今は全快しておられるのだと思いますが
これからも楽しいブログを楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします♪

[1702] 切り返しが必要?

タルままさん、高さは2mぐらいで、水深もボブが十分立てるぐらいの浅さだった
ので万一落ちてもずぶぬれになるだけだな、と思って見ていました。

方向転換するには幅が狭いような気がして、私の中では正解はそのまま進んで対岸の
地面で方向転換して戻ってくる、というものだったのですが、ボブはそこまで
考えつかなかったようです。

[1703] 橋は大丈夫なんですが

fumiさん、ボブは橋自体は大丈夫なのですが、足元に隙間があるとダメみたいです(笑)。
ボブは、一応考えていたんでしょうね。でも考えるならわたり始める前に考えて欲しかった…。

[1704] 勇気というよりも…

ボンママさん、フレブルはみんなそうなのかもしれませんが、ボブはとにかく
好奇心旺盛で、考えるより先に足が前に出ているのだと思います。
石橋を叩いて渡る、どころか橋がなくても気付かずに渡り始める、みたいな(笑)。
飛び降りても、せいぜいずぶぬれになっただけだと思うのですが、戻れてよかったです。

[1705] 楽しみにしています♪

とんびさん、息子(人間)に鍛えられていますからね(笑)。最近はまだしも
小さかった頃は毎日がハラハラドキドキ、エキサイティングな毎日でした(笑)ので
これぐらいならへっちゃらです。最悪の場合でもボブと私がずぶぬれになるだけで。

ちゃおに会える日をボブ共々楽しみにしています。大和川デート(?)しましょうね。

[1706] できるんですね

イーサーママさん、みんなでトレーニングもできるんですね。本気で考えようかな。
やっぱりバックできるんですね。というよりもできないのはボブだけ?
今後も同じような状況に陥る可能性は大なので、ちょっと練習してみます。

[1707]

いや~ ボブ君と相棒さんとの信頼関係が凄いですよね。
丸太橋では、しっかりと相棒さんが来るのを待っていたんでしょうね。
ワイルドで男前だなぁ~。

[1708]

ちと有名なコピペを思いだしました。笑
-----

俺「知ってた?犬ってバック(後ろ歩き)できないんだって」
姉「は?犬はバックしかできないでしょ」

もっと純粋な姉が欲しい

[1709] 待っててくれたのか?

はなパパさん、そのうち前に進んで対岸まで行ってしまう(のが一番簡単)だろうと
思っていたので、眺めていたのですがいつまでも動かないのであきらめて近づくと、
なんだかバツの悪そうな顔で方向転換しました(笑)。待っていた、というよりも
しまった、見られた…みたいな感じでしたよ。

[1710] 姉の鏡です

おっぴーさん、このネタ、どこで披露しようかな(笑)。
ちなみに金吾はバックできますか?

[1711]

ええ、カラカラと明るく披露してください。笑

金吾はムーンウォークで後ずさりしますよ。
うん、まあ嘘です。(^O^)
個体差だとは思いますが、今まで未去勢の若い牡でバックしてた子はいませんでしたので そんなものかなーと思っています。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

BobとFreddieの          RESORTLIFE

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


リンク


カウンター


メールフォーム


検索フォーム


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。